群馬県でキノコ狩りツアー あやしいキノコがざくざく採れて大興奮! 

ゆたおん
秋の味覚!キノコ狩りに行ってきました

今、小学3年生の息子がキノコに絶賛どハマり中です!

きっかけは、図書館でキノコ図鑑を借りてきたこと。
彼は図鑑を眺め、楽しそうに
「イヒヒヒ、ドクツルタケは殺しの天使って呼ばれてるんだって」
と教えてくれます。

むう、そんなに楽しいのか、これは子供の興味の芽を育てないといけない! と思った私は、彼の熱が冷めないうちに、家族でキノコ狩りに行くことを決意したのでした。

キノコ狩りといっても、栽培してある食用キノコを摘むのはつまらない&勉強にならないので、プロのガイド同伴で山へ分け入り、天然のキノコを収穫するツアーを選びました。

11月下旬、車で向かったのは群馬県みなかみ町にある「TOP水上(みなかみ)」という施設。

ラフティング、キャニオリング、カヌーや、バギー、ロッククライミング、マウンテンバイクなど、山と川のアウトドア・アクティビティが季節問わず楽しめるところです。

TOPみなかみ

スイムスーツ

私たちが申し込んだのは、キノコ狩りツアー半日コース(大人10,000円、こども5,000円)です。

高いと思うかもしれませんが、この日は私たち家族3名のみの参加だったのにガイドさんが2名ついてきてくれました。
しかも昼食もついてます!
決して高くない。

目次

キノコ狩りスタート

注意事項など読んだ上で、書類にサインしたらさっそくGO。
バンに乗り込んでキノコ狩りスポットに向かいます。

スポットは無数にあるようなのですが、キノコ狩りはタイミングが大事。
気候や湿気などが影響して、生えるものも生えなかったりします。

で、今日はここがいい、とスポットを決めるのはガイドさんの勘です。

車中、キノコ図鑑を渡されて、熟読する息子。
キノコは膨大な種類があって、図鑑にも食べられるかどうかわかっていない「食毒不明」というキノコもたくさん掲載されています。

毒があっても地域によってはわざわざ毒を抜いて食べられているキノコもあって、なかなか奥が深いですねぇ。

山に到着。キノコを探しながら進みます

20分ほど走って、山へやってきました。
うおお、こんなところから入るのか!
道端から山へ潜入、山頂方面へ向かいつつ、キノコを探していきます。

道なき道を進む感じ。
しかしキノコ発見するとテンションUP!!!
食べられるか、食べられないかはおいといて、とりあえずすべて摘みます。

キノコ発見

キノコの魅力は「おいしい」のももちろんありますが、「毒がある」という方にそそられませんか?
口に入れてしまうかもしれないものに、毒があるかもしれないというスリル。
しかも、見た目わからない。

そんなスリルは日常にないですから、「これ食べたらどうなるかな?」と手にもって眺めているだけで軽くゾクゾクします。

実際息子も毒キノコから名前を覚えるし、強い毒性があるものほどお気に入りです。

山頂に到着 休憩して山を下ります

山頂に到着。ガイドさんがジュースを配ってくれて、ちょっと休憩。いい眺めですね。

貴重なコウタケを見つけました

下山途中で、奥さんが道端にキノコ発見。

これ食べられるの?みたいな見た目でしたが、コウタケ(香茸)といって、マツタケよりも貴重な食用キノコだったのです。
ラッキー!

最終的には1人のかごに、これくらい採れました。
3人分集めたらけっこうな量になりますね。
車へ戻る途中、道路を歩いて、路肩に落ちている天然のクルミと栗を拾いながら帰ってきました。

キノコ収穫

かごには熊避けの鈴がついてます

キノコ狩り終了。選別作業に入ります

さて、TOP水上に帰ったら、とれたキノコをぜんぶザルの上に広げます。
それをガイドさんが食べられるものと、そうでないものに選別してくれるんです。

キノコは、胞子を飛ばすために菌糸がよりあつまった花のようなものなんですね。
役目を終えるとすぐに崩れていってしまいます。

食べごろの期間は短くて、立派なキノコに見えてもピークをすぎた「老菌」になっていたら食べないほうがいいらしく、そういうのははじきます。
ガイドの方もよくわからないというキノコが結構出てきます。
そういうのも、もちろん捨てるほうに回ります。

「殺しの天使」ドクツルタケも入ってた!

「殺しの天使」ドクツルタケもありました!
猛毒です!
食べると死んでしまいます(でも、症状があらわれる6時間~24時間の間に治療を受ければ助かるそうです)。
けっこう普通にとれるんですね。

ドクツルタケ

食べられるキノコはどれくらいあった?

さてさて、食べられるキノコは・・わずかこれだけ!!!


なんと、結果は99%毒キノコ!
奥さんがコウタケ(真ん中と左2本)見つけてて、よかったなぁ。
食べられないものは処分されます。
見栄えのよいものもあるんだけど仕方ない。
名残惜しそうに眺める息子。

ほとんど食べられないキノコだったということで、
ガイドの方は申し訳ないと言って、畑シメジを袋に入れておみやげでくれました。
しかし私たちは、もとより勉強の一環として来てますから、全然気にしてないんです!
事実、息子はとても楽しかったようで、また来たいと言ってました。

ランチをいただきました

これでツアー終了。
ランチをいただきました。
キノコラーメンにおにぎり3個、チキン、卵焼き・・・ものすごいボリュームで食べきれないっ! 家に持って帰ろう。
さらに食後、ケーキとチョコレートのデザートも出ました(写真撮り忘れた。ごめんなさい)。

家ではコウタケを炊き込みご飯にして、サンマといっしょにいただきました。
コウタケは独特の香りがしますね。いい香りです!
自分たちでとってきた、貴重なキノコです。おいしいに決まってます!

おわりに

いかがだったでしょうか。
私はこれまでキノコ狩り行くなんてことは、まったく考えたことありませんでした。
息子が興味を示さなかったら今後も行くことはなかったでしょう。
でもやっぱり、初めての体験はなんでも楽しい!

いつの間にか私もキノコに詳しくなりました。
また、キノコに敏感になったせいで、テレビ番組やニュースなど、世の中意外とキノコネタを取り上げていることに気づきました。
11月になったら天然のなめこが採れるそうなので、また行こうかと考えています。

春風亭昇太さん、真矢みきさんもキノコ狩り!

私たちが行った1週間後、BS朝日の番組「春風亭昇太の少年時代工房」が水上に訪れて、キノコ狩りしてました。
ガイドはTOP水上代表の石川さん。大女優・真矢みきさん相手でも、私たちの時とまったく変わらない対応で素敵でした。

少年時代工房に登場

TOP水上のアクセス情報

施設名 TOP水上
住所 群馬県利根郡みなかみ町綱子170-1
電話番号 0278-72-5086
予約 ご予約はじゃらんnetから

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる